さてっ!前回の日記で、新之助上布の制作風景をご紹介しましたが…今回は後半ですっ

織られた反物の仕上げの工程、まずは「ちぢみ(縮)」の加工♪
「ちぢみ」とは生地表面をデコボコにする加工です。近江上布の特徴でもありますっ。ちぢみの加工屋さんが織り上がった生地をもみもみ!!することで、生地にシワ加工が施されます…初めから小さなシワになってますので、着用前にはアイロン要らず!お手入れ簡単です〜。さらにシボシボが程良くお肌との距離を保ってくれますので、さらさら着心地が良いのも特徴♪

お手入れ簡単、着心地も良し!そんなステキな「ちぢみ」なのです。
ちぢみの麻織物は、近江上布や近江ちぢみの他にも、「小千谷ちぢみ」などもあります。小千谷ちぢみと近江上布は、生地の見た目は似ているのですが手に取って見ると手触りが全く違うんですよ〜。反物を卸した先の小売店の方も驚かれていました。
私も自宅に小千谷縮の生地があるのですが、触り比べるとしっかり、パリッ!とした触り心地の小千谷縮に比べて、近江上布は麻のハリはあるものの、小千谷縮よりもしなしな〜っと柔らかです。生地の薄さは同じようなのですが…不思議!


ちょっと横道にそれちゃいましたが…!
ちぢみの加工から戻ってきた反物、こんな感じになりました。

見事にちぢみのシボがついてます♪
ちぢみの加工を経て、反物の色がワントーンキレイになったみたい!(師匠曰く、”緯糸の色がたつ”んだそう)


今回織った3柄3色の9反です。



そして最後の仕上げの工程、検反です。
織りキズが無いかどうか、一反一反目視で確認していきます。


細いうえに切れやすい麻糸での織物は、キズも出来やすいもの…
全くキズなく織り上がってくることの方が珍しいようです。
着用に差し支えのない極小のもの、耳の端に近いものなど、許容範囲のものもありますが、やはり大きく目立ってしまうようなキズがあれば売りに出せません…

大きくと言ってもこんな感じの、指の先くらいのものだったりするのですが。
この反物は結局キズ反になってしまいました…キズがあると正規の着尺としては販売できませんので、小物作りなどに転用したりします…ぐすん。

結局9反検反して、商品として出せるのは3反という結果に(涙)
今回はちょっと多かったようですが、でも良く有ることだそうです。うーん、麻織物は厳しい!でもしょうがない!



せっかくなのでキズ反でトルソーさんに巻き巻きしてみました♪
折れシワがついてはいけないので商品ではできませんが、これで少しは着用イメージを掴んで頂けるかしら?と。

今回の反物はアシンメトリーな変わり縞ですので、反物のどちらを衿に持ってくるかで印象ががらりと変わります。面白い♪


今回ご覧頂きました本麻ちぢみの着尺反物、近日ご紹介予定ですのでお楽しみに〜。夏のふだん着物にぴったりの新之助上布です♪
いよいよ新之助上布の本命、本麻ちぢみの着尺が織り上がってまいりましたよ〜!
検反済ませて写真撮影すれば、ご紹介です。うふふ。
今回のものは、ウェブショップ用に別注した柄なのです…!店長が柄を考えましたので、普段の師匠は織らない感じの柄になりました。普段とは、ちょっぴりテイストの違う新之助上布です♪


そんなウェブショップ別注の新之助上布が織り上がるまでを記録しましたので、ブログでもお見せしていきたいと思います♪
今回のものは機械織りの着尺なのですが、機械織りだからといって糸セット!スイッチピッ!で織り上がってくる訳ではなく…色んな人の手、色んな工程を経て一反の反物になるんだな〜と私も勉強になりました!


さてさて、まずは柄を決めないことには何も始まらないのです。

最初の工程が、「縞割り」です。
いわば織物の設計図!柄を決めたら、どんな色の糸が、何本並んでいて…というのを書き出します。今回の機械織りの着尺は、3反同時に織りますので3柄作るのです。



店長初めてで縞割り図まで書けなかった(汗)ので今回は、こんな感じで〜と糸の糸を選んで、柄を絵で書いて師匠に設計図に起こしてもらいました。

設計図が出来たら、次は経糸の準備!上記↑の状態で糸巻きに巻いてある糸を、設計図通りに織り機で織れる状態にする「整経」の作業です。これは工房ではしていない作業なので、近くの整経屋さんにお願いしています。
整経で織りやすさも変わるんだそうです!



整経が終わった経糸を織り機にセットして、ようやく織りの作業です。
3柄並んでセットされてます♪この状態でも柄の様子がぼんやり分かる感じ!


横糸を入れるとまた違う色になります。
今回は3色の横糸を選んで、3柄×3色、合計9反織ることになりました。

さてさて織っていくのですが…もちろん機械織りですので、スイッチを入れると織り機が織ってくれれます。ただ麻の糸はとっても切れやすいため、切れては直し、切れては直し…織れるスピードはゆっくり、ゆっくり。
私は今は近くで見ているだけですが、麻って本当に良く切れる!30分以上機が動くと「おぉ、珍しい!」って感じです。



9反織るのに結局半月かかりました。


織り上がった反物はこちらに巻きとられています。
ちょっと色が違って見えるのは、横糸を3色違うものを入れているから!



機から外してきて、ちょっと反物っぽくなりました。しかしもちろんこれで完成〜!という訳にはいきません(汗)この織り上がった反物に、近江上布独特の「ちぢみ」の生地加工を施します!
これも工房では出来ない作業なので、加工屋さんにお願いです。


どんな感じに仕上がってくるかな?ちぢみ加工後の工程は次回で〜♪

新着商品のご案内ばかりになってしまっておりますウェブショップブログ…うちの宣伝ばっかりじゃ読む方もつまんないっすよね、すいませんっ!

なので今日は何気なーい工房の様子をお見せしたいと思います。モノが出来上がるまでのストーリーが紹介されることは多いけれど、実際作ってる現場ってあまり見る機会が無いかと思いますが…(あっ、もしかして見ても面白くないから!?)
ともかく飾らない新之助上布の工房の様子をご覧くださいませませ〜


まずは織り場の写真からご覧ください。

ごっちゃごちゃ(笑)
ちなみに着尺の織り機と、染め場は隣の建物にあります。手織りの機は画面外。奥の方に洋服地用の織り機があります。あとは糸の山!

工房は2階建てになっているので、事務所やらは上の階にあるのです。
私は主に2階で商品の整理をしたり、加工したり写真撮りしたり。

保育料払えるほど儲かりませんので(汗)娘も同伴させて頂いてます。そこらへんの段ボールとか物差しとかがいいおもちゃみたいです。


布を織っている時は、ガシャンガシャンと織り機の動く音が工房に響いていますが…
突然シーンと静かになる工房内。

織り機の糸が切れたのでした。
麻の糸は絹や綿と比べて、伸び縮みしない素材ですので、すぐ切れてしまいます〜。糸が切れると自動的に機が止まりますので、こうやって切れたところを直してあげないといけません。

私も麻の糸は切れやすいから、機がすぐ止まる…とは話には聞いていましたが、工房に通うようになり目の前で織りの様子を見るようになって、「こんなに良く切れちゃうものなんだ!」とびっくりしてしまいました。切れた糸を直した師匠が、元の作業に戻ろうと引き返し中にまた糸が切れて、師匠また織り機へ、というようなことも(涙)私も大体30分以上続いて動いているのを見たことがありません…スイッチ入れたら織り上がる♪という訳にいかないのが麻の機械織りのようです。

切れた糸をつなぎ、また機を動かし…で麻の洋服地、機械織りの着尺、そして手織りの近江上布着尺も師匠一人で生産しておられます。機織り中の師匠はあっちに行ったりこっちに行ったり…はたまた手織りに集中したり。忙しそう!



そんな師匠の健康の秘訣が、毎日の豆腐!(あと晩酌ですね)
お昼御飯には豆腐を欠かさない師匠です。豆腐入れるケースがタワーみたいになってます(笑)このお豆腐、豆腐屋さんが毎日来て、出来立て豆腐を届けて下さるんですよ〜。


そんな新之助商店での一日でした〜

バスと電車で帰りまーす。同じ市内なのに一時間半もかかる謎!でも娘は色んな乗り物に乗れてご満悦です。わは。


さて来週はまた新しい商品をご案内できる予定です、お楽しみに〜♪
先週、お店にアップしました綿麻ちぢみ着尺

先日のショップブログでも書きましたが、初回の撮影がうまくいかず撮り直しの上での
ご紹介でした。しかしこれも、雨の日の撮影でしたので光が足りなかったのか
ちょっとぼやけた印象の写真になってしまっておりまして(涙)
とはいえ私が工房に出勤するのは週一回、満足のいく写真が撮れるまでと思っていては
いつまでたってもご紹介できないし、どこかで折り合いを付けないと!と
思ってのアップだったのですが…

6月の展示会に向けての作業があり臨時出勤しましたら、ぴっかぴかの晴天♪
おぉ、これは撮影びより〜〜!
早速裏庭にゴザを広げて、3度目の正直の写真撮りを行いました。



さらに下に敷くのにぴったりな黒い布も発見♪
マッチャミルクの緑色も、色調補正の必要が無いくらいキレイに出ました。ほっ。


ニュアンスカラーで一番色の出にくかった枯草も、かなり近い!
くすんだ感じの黄緑がかったベージュです。



小麦のトルソーさんでの着用イメージ。
この柄は3色ともベージュがベースのお色で違いが分かりにくかったのですが、
今回きっちり色が出てくれたので良かったです。


毎度毎度、自然光が頼りの撮影ですのでお天気まかせで悩ましいですが…
綿麻ちぢみ着尺は、これでもう撮り直しの必要は無さそうです♪
ちょこっとリニューアルの綿麻ちぢみの商品写真で、
この夏の浴衣、単衣の着物をご検討いただければ嬉しいです!