洋服地が織り上がりました!
織ってる途中から機械の調子が悪かったり、まっ黒というのもあり(←染料の違いから?糸の色によって仕上がりや織りやすさが違うんだそう by師匠)いつもは機械を動かしながら他の作業をしていたりする師匠も、珍しくこの子にかかりっきりです。

最後の仕上げは検反。織り上がった反物に、織りキズが無いか確認していく作業です。もちろん機械では出来ないので、自分の目で見てたしかめます。そして直せるところはお直しするのです。



お直し作業まっ最中の師匠。頭のゴーグル、拡大メガネがついていてものすごーく!!良く見えるんですよ〜。ちなみに師匠は拡大ゴーグルと老眼鏡のダブル使いです(汗)



こちらがキズ。っても見えませんね…



白いシールの下にキズがあるのですが、見えますか…?
経糸の間を通っているはずの横糸が、一部分だけ抜け出してしまって浮いてます。このまま放っておくと目立ちますし、引っかけたりすれば大変なことになるかも〜!
お直し可能な類のキズなので、地道にお直しするのですっ



まず浮いてる部分の横糸を切っちゃいます。細い糸が結構ぎっしり並んでいますので、1,2本糸を切っても切れたところからほつれたりすることはないのですが…
上、下、上、下と規則正しく並んでいるはずの横糸を一本切ると、どうしてもそこだけ上、上や下、下というように2本同じとこを通ってる横糸が揃ってしまいます。(分かりにくいですが、目打ちの先)これ、微妙に目立つ!



なのでさらにそのうちの一本だけを切って、引き抜きます。あとは糸2本分の空きを周りの糸を寄せてやることでカバーしたら…お直し完了!この後縮みの加工に出しますので、生地がもみもみされて切っちゃったところにも糸が均等に寄るので、使用には差し支えありません♪

…って、書くと簡単なんですが、大体キズの全長が1cm程度。糸は髪の毛くらいの太さですので、そこから糸を一本拾って…という作業は良く見えーる拡大ゴーグルを見ながらでもかなりきっつい(笑)私もお手伝いしてましたが、午前中かかって5か所くらいしか直せませんでした…長さにして2mそこそこ(汗)でもそんだけやるともう、目がちかちか〜!!
この後師匠が地道に数日かけて50mをお直ししました…うわあ…


麻は木綿や絹のように素材に伸縮性がありません。織り上がれば丈夫ですが細い麻糸は引っ張ったらぷちんと簡単に切れてしまいます。新之助商店でも、機械織りとはいえ機械が続けて動くのは長くて30分。何度も切れる糸をつなぎつなぎしながら織っていくのです。やはり糸が切れ易い分、キズが出来る確率も高いそうです。
穴があいちゃったりしてもうどうしようもないキズも中にはありますが…お直しできるところはお直しして、最大限の生地を使えるようにしていきますっ。


それにしても…織り物って、ほんとにげんなりするような(笑)単純な作業の繰り返しです!師匠が良く「うちのは別に特別な技術やない、他にやるやつがおらんだけ」って良く言うてますが…まあやっぱり型紙捺染で織る絵絣の近江上布とか、師匠にしかできない事もたくさんあるんですけど…こんな地道な作業をわははと言いながらやれるのが、新之助商店の一番の技術なのかも!?
毎日色々な事が起こる工房です。
めったに起きない(起きちゃ困る)事なのですが、時には機械織りの織り機が壊れてしまうことも…

先日から注文を受けて機織りしていた広幅の生地が、なかなか織り進まなかったのです。織り機を点検すると、どうやら機織りの部品の一部が傷付いているようで…部品のキズが原因で切れやすい麻の糸がさらに切れやすくなっていたみたいです。
「ここんとこどうも妙な音がすると思って油さしたりしてたんやけどな〜」と師匠。私の耳にはガシャガシャ、いつも通りの賑やかな音にしか聞こえませんでしたが…?ガッシャガッシャと単調で同じように聞こえる機械の音でも、ずうっと聞き続けることで些細な機械の変調の音が、聞き取れるようになるんですね…



部品交換中の師匠(ほんとはあまりお勧めできない方法だそう(汗)
このレピア織機はもう25年程?動いているとか…今新しく買うことはもう出来ないんだそうです。



そうそう頻繁に故障するものでもないので、たまにしか開かない取扱説明書。こちらも年季が入ってます!



取扱説明書と記憶を頼りに、機械を調整する師匠。今回は横糸を通す部分の部品を交換しました。入れ替えた部品の位置をミリ単位で調整です!


今回交換した部品を見せてもらいました。
何かで引っかけたのかな?交換した部品には、(爪の先の部分)小さなキズが付いていました…この部分が経糸を引っかけて、糸が切れやすくなっていたみたいです。

今はもう作られていない機械ですので交換部品もそうそう手に入りません。このキズのついた部品も、修理に出してまた使います。大事に使って、まだまだ末長く織ってもらわなくてはね。がんばれレピア君!
有楽町の展示会も無事終了いたしました!
東京から帰って、もう一週間なんですね〜。早いです。
荷物も戻ってきて、工房も一段落。早速、来シーズンに向けて、柄を考えたりしています。
ウェブショップの方では夏に向けて、涼しい麻の着物小物なども追加予定♪
どうぞお楽しみに〜。


さてさて、夏のふだん着に大切なのは、お手入れの簡便さ。
やっぱり汗をかきますから、お家で気軽に洗える素材が気軽で良いです♪
もちろん新之助上布の麻や、綿麻の着物も、お仕立ての前に水通しや湯通しなどの縮み止めの加工を施すことで、自宅でお手入れして頂けます。
麻は水が大好き!な素材ですので、特に本麻の着尺などはじゃっぶじゃぶ洗うことで、段々生地が柔らかーくなってきて、肌触りも良くなるんですよ〜
展示会でご一緒したIさんの3シーズン目の新之助上布、洗いこまれてまるで木綿みたいにふわっとした肌触りに変わっていました♪うーん、私もそんな風に新之助上布を育ててみたいな〜


ちょっと話が横道にそれましたが…本日は店長の着物洗濯の様子をご紹介いたします。ま、この方法がベストではないかもしれないですけども、こうやって洗ってますよ〜ってことで…

基本的には、セーターとかのお洒落着洗いと同じ洗い方をしています。
今回は丁寧手洗いモード!手縫いで仕立てた綿麻ちぢみの単衣を洗います。


まずは水をためて、お洒落着用の洗剤(アクロンとか、エマールとか…)をちょろろっと。
うち、たらいが無いので洗面台で洗ってます…そろそろたらいが欲しいっ



着物を袖畳み(仮畳み)にして、洗剤液に漬けます。
この時食べこぼした!など、部分的に汚れが付いてる場合は、そこが表に来るように畳むのがミソです〜。汚れを部分洗いしやすくなりますっ。
部分洗いの後は、面倒な時はそのまま10分くらい漬け置いたり、急いでいる時は優しく押し洗いしたり…気分によって結構まちまちです(汗)汗を落とすくらいなら、そんなに気合を入れてがしがし洗わなくても水に通すだけでスッキリするみたい。今回は娘ががんばって洗ってくれました(笑)洗面台びしょびしょ!



すすぎが終わったら、洗濯機の脱水モードで脱水します。洗濯機の中に入れて、スイッチピッ、でおまかせ〜♪
…といきたいところなのですがっ!脱水コースを最後までやると本気で水分が抜けて着物がシワッシワになっちゃいます(涙)ので、1分そこそこくらいで適当に止めて上げて下さいね〜(写真は、脱水完了の図)。
水滴が垂れるようならもう少し脱水しても良い感じですが、ほどよく水分が残っている方が、干した時に水分の重みで着物のシワが伸ばされますので形よく干し上がります♪



干す時は、着物ハンガーで。普通の洋服用のハンガーで干すと形が崩れますので要注意!着物ハンガーでも、袖の先まで棒が届く長いタイプのがオススメです。携帯用など短いハンガーで干すと、肩のところで着物が折れてしまい、肩が抜けたりします…。
洗濯の時に付いたシワは手のひらで押さえながら干します。手縫いの場合は生地が縮んで縫い目の部分がつれないように、生地を気持ち伸ばしながら干しています。
麻は木綿ほどは縮まない素材だそうですが、やはり水をくぐることで多少生地は縮むようです。この綿麻ちぢみも、2〜3回洗濯したことで仕立て上がってきた時よりも2cm前後縮んでいるよう。

ちょっとめんどくさそうですが…新之助上布の着物はちぢみの着物。表面にデコボコの加工が施されていますので、基本的にノーアイロンで着られる生地です。ですので変なシワが付かないように、最初に形を整えて干してあげれば、あとはノーアイロンで洗いざらしを着られるのですっ。


そんな新之助上布のお洗濯でした〜。
たくさん洗って、たくさん着て上げて下さいねっ!夏のふだん着は、新之助上布で♪




滋賀は本日から梅雨入りだそうです。
彦根も今日は朝から雨がしとしと…じめっとした梅雨が終わったら、
本格的に夏がやってくるんですね〜!

さてさて、展示会が明日からに迫ってまいりましたっ。
まあ、私は今日も家でのんびりしていますが…(笑)
師匠は明日始発の新幹線だそうです。がんばれししょう!

とはいえ私も16,17で参りますので、そろそろ出張(!)の用意をせねば
ならんのです〜。悩ましいのが東京に着て行くもの…うーん何着て行こう?
もちろん着物のつもりではあるんですけども。
ここのところ夏みたいな気温が続いていましたが、梅雨入りだそうなので
少し気温が下がるのかしら?というのがちょと心配…


実は展示会に合わせて、麻の着物を仕立ててあるのです〜


やっぱし売るからには自分で着なきゃダメでしょう!ということで、
キズ反から一反分けて頂きまして…



じゃーん。こんな感じの着物になりました〜〜

せっかくだから新之助上布を着るとこんな感じ!っていうのを見て頂きたいなーと。
置いてあるのと着て動いているのとでは着物の表情も違いますしねん。
水通しして仕立ててあるので、ちょっと生地の表情も違ってきているところもお見せしたいなあ。
(水通しすると、生地が縮むせいかちょっと縮みのシボが「立つ」みたいです)

いやしかし、、気温が30度くらいないと寒いかもね…(汗)
綿麻のちぢみ着て行って、向こうで着替えるかなあ。むーん。


悩ましい問題です。でも楽しい。むふっ。


。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°

「夏のよそほひ 近江上布展」

日時   :2010年6月14日(月)〜19日(土) 11:00〜19:00 
       ※最終日は午後5時まで
場所   :有楽町電気ビル ふるさと情報プラザ
      〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル 南館1F
問い合わせ:びわこビジターズビューロー  TEL.03-5220-0231

ふるさと情報プラザHP http://www.chiiki-dukuri-hyakka.or.jp/plaza/


。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°


展示会、たくさんの皆様のお越しをお待ちしておりまっす〜