大西新之助商店には、現在ウェブショップでご紹介中の機械織りの”新之助上布”の他にも、色んな商品があるのです、ふふふ…

近々ショップでご紹介しようと思っているのが、こちら!


手織りの絵絣近江上布着尺です♪
大西新之助商店は近江上布の織り元ですから、むしろこちらが本命と言っていいのかも…


起源をたどっていくと鎌倉時代くらいにまでさかのぼれるという近江の麻織物。近江上布は、伝統的工芸品の指定を受けています。

というわけで新之助商店の手織り着尺にも、伝統的工芸品に指定された事を表す伝統マークが貼られています。

伝統的工芸品として指定されるためには、いくつかの条件があり…ざっくりまとめるとこんな感じです。
・先染めの平織りとする
・絣織りで、絣は横糸か、横糸と経糸両方に使う
・絣糸の染色方法には、羽根定規を用いて、”櫛押なせん”または”型紙なせん”とする
・織る際には絣と耳印を手作業で合わせながら模様を織りだす
・シボを付ける際には、手もみで行う
*近江上布には絣織りの他にも”生平(きびら)”もあるのですが、これはもう現在はほとんど(というか全く?)生産されていないので割愛していますっ

耳印とは、反物の耳の部分をちょっとだけ染めて、織る時の目印にするもの。一番上の反物の写真でも、白い反物なのに巻いた端の部分がピンクっぽいものがあるのがお分かりでしょうか?反物の端にだけピンクの耳印がついているのです。耳印の色は、織る色柄によって使い分けています。


これは蝙蝠の柄。

新之助商店の手織り近江上布は、「型紙捺染(かたがみなせん)」という技法で柄が付けられています。現在手織りの近江上布を生産している織り屋さんは二軒。もう一件の織り屋さんでは”櫛押なせん”という技法で、複雑な幾何学っぽい絣柄を織ってらっしゃいます。



逆に言えば、このように絵にかいたような絵絣が織れるのはもう新之助商店一件のみと言う事みたいです…



どうなっているんだろう、この水彩画みたいな絵絣!


麻着物は夏のカジュアルウェア。若い世代の方にも気軽に手に取ってもらいたいから…新之助上布の機械織りの着尺は、そんな思いで色柄も、お値段もカジュアル。でもいつか、こんな手織りの近江上布も、手に取って頂けたらなあ〜(私も、着てみた〜い!)と思っているのです。絣の柄もそうですが、触った感じも手織りのほうがふんわりとしていて軽いですよ!糸に付けている糊も違うんですって〜。

手織りの近江上布のお値段は30万くらい(!)しますのでそうそう買ってくださーい♪とも言えないんですけれども…とにかくこのステキな絵絣、たくさんの方に見て頂きたいなあと言う訳で、ただいまショップに掲載するための準備中なのです。絵絣の技を、じっくりご覧になって下さいませ〜!
毎日暑いですね!工房に行くと汗でべったべたになる店長です。
つれて行っている娘をたらいに入れて水浴びさせるのですが…私も行水したいくらい!

それでも着々と反物の生産が進んでいる工房…
ただいま師匠がばりばり綿麻や本麻の着尺を織っていますよ〜!来季に向けての着尺の準備が主なのですが、好評頂いています綿麻の兵児帯の新バージョンを作るべく、兵児帯用に色柄を作って織ってもらったり、ふふふ…これは秋頃ご紹介できると思いますので、お楽しみに!


ともあれ、工房に行くたび機には違う柄の経糸が乗っていて、今度はどんな柄かな〜?と見学するのが秘かに楽しみなのです♪


先日はちょうど経糸が機にセットされた時に居合わせたので、師匠が横糸を決めるのを口を出しつつ(笑)見学。その時の写真を撮りのがしちゃったので、横糸決めのために試し織りした生地を撮ってみました。カラフル!

新之助上布は先染めの糸を使った織りの布地です。染めの布なら、画用紙に画材で絵を書くように、白い生地を自由に染めることができるのですが、織りの場合はそうはいきません。
色柄のデザインは糸の配置で決まります。何色の糸を、何本縦に使うのか、そしてその経糸に、何色の糸を何本横にうつのか…これで格子や縞が織りだされるのです。



経糸(たていと)はこんな風に「縞割り図」という設計図みたいなものを最初に書いて、整経屋さん(丸巻き?状態の糸を、織り機にかけられる状態にしてくれるところです!)で準備をしてもらいます。

●色の糸が何本あって、その隣に△色の糸が何本きて…とデザインするのですが、経糸の本数は例えば本麻の着尺地一反分だと1078本。もちろんそれだけの糸を実際並べてみる訳にはいきません(汗)
脳内イメージを頼りに、こんな感じになるかな〜?と思いながらデザインするので、整経が終わってみるまでは師匠にもどうなるか分からないそうで…整経屋さんから戻ってきた経糸を機にかけるのはドキドキ!
そうやって経糸が決まってからも、横糸に何を入れるかでまた生地の色柄はがらっと変わってきます。経糸を変更することはできませんが、上のサンプル生地のように織り始める前に何色か横糸を変えて試し織りをして、経糸の柄に合うベストな横糸を選んでいくのです。


しかしここで難しいのは、今生産している新之助上布は「3反を同時に織る」ということ…


このレピア織機という機では3反分の経糸を横に並べて織るのですが、上の写真のように、並んだ3反の経糸は、それぞれ違う柄なのです。同じ柄だったら、3反、6反、9反…と、同じものが出来ちゃいます。同じものを大量生産したい場合はそれでもいいのですが、消費者さんに直販している新之助上布は、できるだけコストを抑えつつ、種類を豊富に生産しなくてはなりませんので、3反別の柄の経糸を配置することになります。



同じ横糸が入っても、柄が破たんしないような3柄分の経糸の配置。
3柄の雰囲気を変えつつ、経糸の柄を生かせる横糸の選択。
レピア織機で織る場合は、コストの関係で横3反×縦3反の9反を最小のロットとしています。一つの柄を考えるときには、この9反を同時にイメージしていないといけません。

こんな柄の生地が欲しいな〜〜♪と思っても、こっちが立てばあっちが立たず…うーん!となっちゃったり、いざ機にかけてみればこんな柄のはずじゃ〜!!みたいなことも…経験豊富な師匠でさえ、出たとこ勝負のモノづくり。


私はまだまだ経験不足なので、こんな新之助上布欲しいな♪と思っても柄組みになるとムツカシイ〜と頭を抱えてばかりなのですが…「手間かかるけど、面白いやん」とにやりと笑う師匠なのでした。確かに!
今日もまた織り機からは楽しい新柄が、ぞくぞく織りだされています♪

工房に出勤したら、事務所の座布団が夏モードになってました。
冬用の座布団はフツーの綿の生地だったのですが…夏用の座布団は、なんと手織りの近江上布座布団地!座っちゃうのがもったいない!

結構使い込まれてるらしくところどころ擦り切れてたりするんですが…いやでもでも、すっごいステキな絵絣だわっと、思わずウットリしてしまいました!…と、一人で堪能するのもアレなので、ショップブログでも紹介しようと写真をぱちぱち。



まずは幾何学模様っぽい柄。


ぱっと見絵の具か何かで描いてるみたいな感じですが、これも絣で模様が織りだされているんです…。うわあ〜。地味にすごいっ。


こちらは草木の柄。あらモダン!
ちなみにちょっと映り込んでいるのは師匠の頭@昼寝中。


細かいな〜〜。
近江上布の絵絣は型紙捺染と言う方法で絣づけをするのです。色の分だけ型紙を作って色を付けて行くのですが、その時点では何だか版画みたいな感じです。でも織ると絣がずれるから…こんな水彩画みたいな感じになるのかしら?
型紙捺染の工程など詳しくはこちらの本家(?)新之助上布HPでどうぞっ


そして私のドンズバはこちら。

きゃーステキ!


今新之助商店で織る手織り着尺は横がすりなのですが、この座布団地に関しては縦横両方に絣が入っているみたいです。まるで手描きしたみたいなバラの花です。うへー。ちなみに青い糸に染めているんではなくて、背景部分用の型紙で背景の青を染めているんだそう。だからこんなうきあがった感じに見えるんだな…


ちなみに私の名刺入れも手織りの絵絣上布なのです。

うふふ。着物地はまだ無理だけど…お気に入りですっ。


そうそう、ウェブショップの店長なんて名刺要るの?と思ってたんですが…意外とお名刺を頂く機会が多くて(汗)最近お名刺作りました。裏はショップカードになってます♪


手の込んだもの、高い技術のものも、作られなければ続きません…もちろん、買って下さる方が無ければモノは作られません。ウェブショップで扱っている主力の商品は機械織りの新之助上布。でも手織りの近江上布もとってもステキです。今近江上布の絵絣を織れる伝統工芸士はうちの師匠だけだそうですが…この技を絶やすのはあまりにもったいない!と思うのです。
そのためには、もっともっとたくさんの方に新之助上布を知って頂かないと…そして、もーっともっとたくさんの方に、気軽に着物を手に取って頂けるように働きかけていかないとなのですっ。何か目標が大きすぎてくらくらしそうですが、たくさんの方が着物に親しむようになって、手織りの近江上布にもいっぱい注文が来るように…店長も地道にがんばるしかないなーと思うのでした。
洋服地が織り上がりました!
織ってる途中から機械の調子が悪かったり、まっ黒というのもあり(←染料の違いから?糸の色によって仕上がりや織りやすさが違うんだそう by師匠)いつもは機械を動かしながら他の作業をしていたりする師匠も、珍しくこの子にかかりっきりです。

最後の仕上げは検反。織り上がった反物に、織りキズが無いか確認していく作業です。もちろん機械では出来ないので、自分の目で見てたしかめます。そして直せるところはお直しするのです。



お直し作業まっ最中の師匠。頭のゴーグル、拡大メガネがついていてものすごーく!!良く見えるんですよ〜。ちなみに師匠は拡大ゴーグルと老眼鏡のダブル使いです(汗)



こちらがキズ。っても見えませんね…



白いシールの下にキズがあるのですが、見えますか…?
経糸の間を通っているはずの横糸が、一部分だけ抜け出してしまって浮いてます。このまま放っておくと目立ちますし、引っかけたりすれば大変なことになるかも〜!
お直し可能な類のキズなので、地道にお直しするのですっ



まず浮いてる部分の横糸を切っちゃいます。細い糸が結構ぎっしり並んでいますので、1,2本糸を切っても切れたところからほつれたりすることはないのですが…
上、下、上、下と規則正しく並んでいるはずの横糸を一本切ると、どうしてもそこだけ上、上や下、下というように2本同じとこを通ってる横糸が揃ってしまいます。(分かりにくいですが、目打ちの先)これ、微妙に目立つ!



なのでさらにそのうちの一本だけを切って、引き抜きます。あとは糸2本分の空きを周りの糸を寄せてやることでカバーしたら…お直し完了!この後縮みの加工に出しますので、生地がもみもみされて切っちゃったところにも糸が均等に寄るので、使用には差し支えありません♪

…って、書くと簡単なんですが、大体キズの全長が1cm程度。糸は髪の毛くらいの太さですので、そこから糸を一本拾って…という作業は良く見えーる拡大ゴーグルを見ながらでもかなりきっつい(笑)私もお手伝いしてましたが、午前中かかって5か所くらいしか直せませんでした…長さにして2mそこそこ(汗)でもそんだけやるともう、目がちかちか〜!!
この後師匠が地道に数日かけて50mをお直ししました…うわあ…


麻は木綿や絹のように素材に伸縮性がありません。織り上がれば丈夫ですが細い麻糸は引っ張ったらぷちんと簡単に切れてしまいます。新之助商店でも、機械織りとはいえ機械が続けて動くのは長くて30分。何度も切れる糸をつなぎつなぎしながら織っていくのです。やはり糸が切れ易い分、キズが出来る確率も高いそうです。
穴があいちゃったりしてもうどうしようもないキズも中にはありますが…お直しできるところはお直しして、最大限の生地を使えるようにしていきますっ。


それにしても…織り物って、ほんとにげんなりするような(笑)単純な作業の繰り返しです!師匠が良く「うちのは別に特別な技術やない、他にやるやつがおらんだけ」って良く言うてますが…まあやっぱり型紙捺染で織る絵絣の近江上布とか、師匠にしかできない事もたくさんあるんですけど…こんな地道な作業をわははと言いながらやれるのが、新之助商店の一番の技術なのかも!?