綿麻ちぢみにつづいて本麻ちぢみの新柄着尺反物を入荷いたしました!

 

春秋の単衣着物や浴衣にお勧めの綿麻に比べ、麻100%の本麻素材はさらに薄く軽い生地感になり、まさに盛夏の夏着物にぴったりです。7,8月をメインとして気温に合わせて6月、9月にもお楽しみいただけます。色柄にもよりますが細い番手の糸を密に織りこんでいるため薄地ではありますが透け感は控えめ。真夏の上質な浴衣としてお召しになる方も居られますし、初夏や初秋といった橋渡しの季節にも”夏もの感”を出し過ぎずに快適に麻着物が楽しめると好評です。

汗ばむ季節には着るもののお手入れも気になるところですが、新之助上布の麻はご自宅で洗濯が可能です。表面のシボ加工のおかげでお洗濯後もノーアイロンでも大丈夫です。夏の普段きものにぴったりの気軽さ、爽やかな風合いをたっぷりとお楽しみいただけます。

 

今年入荷した色とりどりの12反、ショップブログで2回に分けてご紹介します。

 

今回は爽やかでベーシックな縞を中心に!

まずは優しい生成り色がワードローブの万能選手になりそうな予感!「カスレストライプ アイボリー

 

ムラ染めにした糸でストライプを織ることで、粋になり過ぎない優しい雰囲気の縞になりました。

 

 

こちらもスッキリですが硬くなり過ぎないぼかした縞です「初夏の風

 

今年の縞は軽く上品な雰囲気のものが多めです!

 

そして「ハチマル ラメストライプ小麦色」は遠めには無地のようで…

 

(写真ではわかりづらくてすみません…!)ところどころに濡れたようなきらめきのラメ糸が入っています。ラメ屋さんに糸から作ってもらった麻ラメ入りの着尺は、イベント会場でも好評です♪

 

肌馴染みの良い程よいくすみ感があるピンク「ハチマル スペックストライプ桜色

 

ふだん着の麻着物、時にはくしゅっと結べるへこ帯でカジュアルダウンするのも楽しいですね!

 

ハチマル 絣チェック紺藍」には横段に色とりどりの絣糸が入っています。

 

ハンサムな紺系の色ながら、色絣のおかげで少し可愛らしさも出ているようです。反物幅が少し広め(40cm)ありますので長身の方や男性の方にも。

 

黒とグレーの縞感が目立たない縞「ハチマル 墨烏」は無地感覚でどうぞ。

 

こちらも反物幅少し広め(40cm)です!

 

 

いかがだったでしょうか?軽めのストライプ柄は無地感覚で他のアイテムと合わせやすく、コーディネートの幅が広がりそうですね。次回はカジュアルなチェック柄などをご紹介します!

 

 

本麻着尺の商品一覧はこちらからご覧いただけます。

新之助上布 本麻ちぢみ着尺反物 http://shop.shinno-suke.com/?mode=cate&cbid=1820758&csid=1

 

写真で合わせた帯は別売りです。ウェブショップの以下の商品ページでご覧ください。

綿麻兵児帯キット http://shop.shinno-suke.com/?mode=cate&cbid=1821844&csid=1

本麻仕立て上がり半幅帯 http://shop.shinno-suke.com/?mode=cate&cbid=1821818&csid=1

 

新之助上布の着尺・仕立て上がり着物は基本的にすべて一点ものです。売り切れの際はご容赦くださいませ。

 

 

GW前半は今年も「井戸端・着物マーケット」に参加いたします!

 

 

*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:

「井戸端・着物マーケット vol.9」

2017年4月28日(金)〜4月30日(日) 11:00〜18
:00

目白の古民家ギャラリー ゆうど 
(東京都新宿区下落合3-20-21 ※JR目白駅より徒歩約7分)


出展者(順不同)
カカラ装飾品店/初屋/七宝焼kimito/富士商会/新之助上布/モダン着物小物 梅屋

公式ブログはこちら!
http://kimonoindies.blog.fc2.com/

*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:

 

井戸のある目白の古民家ギャラリー「ゆうど」の開放的な雰囲気のなかイベントやネットショップで活動する人気着物ブランドの商品をご覧いただけます。それぞれテイストも取扱商品も違う個性的なラインナップをお楽しみください♪今年はギュッと3日間の開催です。

去年に続いて京都で人気のアクセサリー作家「カカラ装飾品店」さんによるワークショップもあります。事前申込制ですので、イベントの公式ブログにて詳細をご確認くださいね。

新之助上布はこれからの季節にすぐに役立つ爽やかでカワイイ綿麻・本麻反物、仕立て上がりのプレタや帯、半衿などの小物をお持ちします。イベント公式ブログで出展商品のご紹介もしていきますのでぜひチェックしてください!


ゴールデンウィーク前半のお出かけは、井戸端・着物マーケットへ♪皆様のお越しをお待ちしております!
 

淡交社さんから出ている茶道の雑誌「なごみ」に2015年に掲載されていた青木奈緒さんのエッセイが本になりました!大西新之助商店について取り上げていただいた2015年8月号の回も収録されています。

 

「きものめぐり 誰が袖わが袖」 青木奈緒 著 淡交社

 

<淡交社ウェブページより> 

きものが日常着でなくなって久しい昨今。祖母であり作家の幸田文の薫陶を受け、幼少期よりきものに親しんできた著者が「きものをめぐる現況はどのようになっていて、これからきものがどうなっていくか?」の問いを胸に、日本各地の染め人・織り人から最新鋭のデジタル捺染まで、きものにかかわる方々をたずね、その仕事やきもののこれからをひもとく紀行エッセイ。

なごみ連載「きものめぐり 誰が袖わが袖」(2015年1 〜12月分)に追加取材分を収録して単行本化。

 

 

染めや織りの現場を著者の青木さんが実際に訪れ丁寧な取材の上で書かれた読み応えのあるエッセイが詰まった一冊です!

 

淡交社さんのオンラインショップでも購入可能です。

雑誌「なごみ」2015年8月号

https://www.tankosha.co.jp/ec/products/detail.php?product_id=1909

エッセイ本「誰が袖わが袖」

https://www.tankosha.co.jp/ec/products/detail.php?product_id=2084

東京・麻生十番にて、手織り絵絣をたっぷりとご覧いただけるギャラリー展を開催します!

 

 

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

 

「手織り絵絣 新之助上布展」

2017年 4月19日(水)〜4月24日(月) 12:00〜19:00 (最終日は15:00まで)

 

ギャラリーモナ

東京都港区麻生十番2−11−3 麻布十番雑式通り
(東京メトロ南北線麻布十番駅より徒歩3分 都営地下鉄大江戸線麻布十番駅より徒歩4分)

 

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

 

今回は他のギャラリー展やイベントとは趣向を変えて、手織りの絵絣をたっぷりとお持ちいたします!

 

新之助上布の手織り絵絣は伝統的工芸品の近江上布に指定されています。型紙を使った捺染技法でつけられる絣は華やかで伸びやかな絵絣。写真は「俳画」をテーマにしたデザインから、お酒を楽しむ河童の絵。遊び心のある柄がたくさんございます♪新之助上布の手織り絵絣着尺・広幅生地の世界をご堪能ください。

 

もちろん機械織りの着尺反物やへこ帯キット、本麻の仕立て上がり名古屋帯など夏着物にぴったりの帯や麻の小物類もたくさんご用意いたします。期間も6日間とたっぷりございますので是非お立ち寄りくださいませ。