月曜日から開催中の新之助上布の展示会、ネットを見て、という方もたくさんお越し頂いてます。本当にありがとうございます♪残すところ今日、明日の二日間となりました。お仕事帰りに、お出かけのついでに…たくさんの方のお越しをお待ちしておりますよっ!


さてさて店長もウェブショップの業務をお休みして、水曜、木曜と展示会のお手伝い(と、いうよりも遊びに行ってただけのような?)に行ってまいりました。たくさん写真を撮ってきましたので、今回は行けないわ!という方から、行きたいけどどんな雰囲気が気になるという方まで…新之助上布展示会の様子をご覧ください〜。


まずは会場の様子から。


有楽町駅から歩いてすぐの、「ふるさと情報プラザ」内です。
公共の施設の一角をお借りしてますので、通りすがりにふらっとご覧になる方も…とってもオープンな雰囲気ですので、気軽にお立ち寄りいただけますよ〜

そして着尺!

麻100%の夏着尺を中心に、綿麻もちょこっとご用意しています。
機械織りで麻着尺は4万円代から。綿麻は2万円代です。基本的にウェブショップのお値段と同じです。絣の糸を使っているものなど、通常より手間がかかっているものに関してはもう少しお値段が高くなるものもあります。


こんな麻の着物があるの?というようなカラフルで大胆な柄から、ダークカラー、無地に近い縞などのベーシックなものまで。皆、この展示会に向けて用意された反物たちです…♪
新之助上布はウェブショップの他、新之助上布のモノづくりの方針に共感いただけるいくつかの小売店様にも直接卸させて頂いていますが、やはりそれぞれのお店でご覧いただけるのは数反程度となります。これほどまとめて新之助上布をご覧頂ける機会はやはり展示会くらいかなと思います。

新之助上布は基本的に一つの色柄は一反しか生産しませんので、今回の展示会でご覧頂いている反物は今の時点ではウェブショップ未掲載のものばかりです。今回の展示会が終わったら、この中から何反かウェブショップにやってくる…かもしれません!


こちらは麻の八寸帯。新之助商店で柄を考えて、近所の帯屋さんに織って頂いています。生地がとっても柔らかくて、しなやかなんですよ〜!
実は反物よりも良いお値段してしまうのですが、ステキなお品ですっ。



小物類も充実。シャツやバッグのほか、ウェブショップでご紹介中の麻の半衿や、ストール、日傘なども実際手に取ってご覧いただけます。色合いや質感など、見て触って確かめてくださいね!


こちらは手織りの反物。伝統的工芸品の指定を受けた近江上布です。手織りの反物は絣の柄などなどによってお値段が違いますが、大体30万円代から。
もちろん機械織りでは表現できない絵絣が魅力の一つですが、手織りならではのふーんわりとした風合いがステキです!いつか身にまとってみたい…!


そんな手織りの近江上布を実際織ってみる、手織り体験もできます。今年は熱帯魚?金魚?の柄。事前予約やご料金は不要です。気軽に挑戦してみてくださいね!
…とはいえ、思わずのめり込んで数十分、小一時間と織ってしまう方がたくさんおられます(笑)ご希望の方には後から織った生地をお送りすることもできますのでお申し付けください〜


さて最後はいつも東京での展示会を手伝ってくださっているIさんと記念写真をぱちり。元々はこの展示会で新之助上布をお買い上げ下さったお客さまの一人だったのですが、今では師匠の「東京の娘」として展示会を支えて下さっている、しっかり者のIさんです。
展示会期間中は、毎日自前の新之助上布を着てお店番をされています!着付けのお仕事もされているという豊富な着物知識と、実際新之助上布をご愛用くださっている経験から、コーデにお手入れ、着心地とばっちりアドバイスしてくださいますよ〜

さてこの日は4年前に初めて購入された新之助上布を着ておられました。触らせてもらったら、よーく洗いこまれた新之助上布は、まるで木綿のような風合いになっていましたよ!ステキ〜♪
Iさん、お仕事でも着物を着ておられるので普通の方よりも着る機会も多いはずなのに、3シーズンじゃぶじゃぶ洗いこんでもまだまだヘタレない麻の着物って、本当に丈夫なんだなあと実感…麻の着物って木綿の反物よりもお値段はするけれど、その分丈夫と思えばなかなかお得かも!


私も今年初めて作った新之助上布、たくさん着て、たくさん洗おうっと♪


展示会の詳細はこちらです!今期としては最終&最大の展示会です。
あと二日間、有楽町でお待ちしております♪

。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°

「夏のよそほひ 近江上布展」

日時   :2010年6月14日(月)〜19日(土) 11:00〜19:00 
       ※最終日は午後5時まで
場所   :有楽町電気ビル ふるさと情報プラザ
      〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル 南館1F
問い合わせ:びわこビジターズビューロー  TEL.03-5220-0231

ふるさと情報プラザHP http://www.chiiki-dukuri-hyakka.or.jp/plaza/


。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°


**新之助上布展示会のお知らせです!**


こうしてウェブショップでもお買い求めいただけるようになった新之助上布ですが、やはり実際手に取って、触れて感じて頂ける展示会という場所は、お客様にも、作り手にとっても貴重な機会だと思います。

問屋さんとのお付き合いをやめてしまった師匠が、たまる一方の着尺たち(!)を前に、えいやっ!と工房を飛び出て開いた東京での展示会。まったくつての無い東京で、お客様は来て下さるのか…そんな最初の不安はどこへやら、今ではたくさんのお客様に恵まれて、とってもアットホームな展示会となっています。最初は展示会にお越し下さったお客さまだった方が、今度は展示会のお手伝いをして下さるようになったり…「有楽町で逢いましょう」を合言葉に、毎年お越し下さるお客様がたも居られます♪
師匠曰く…「展示会というか、”お祭り”!」

店長が工房に顔を出すようになったのはちょうど去年の今頃でしたので、展示会に付いて行ったことはないのですが…師匠から展示会の話を聞くたびに、新之助上布は師匠とそんなお客様とが、直接対話して、一緒になって育ててきた上布なのだなあと思う店長です。


そうそう、初めて工房を見させて頂いた時、新之助上布の着尺を見てとっても”身近”に感じたのでした。何というか、上布だよ!とえばってる感じでもないし、媚びてるっていうのでもないし…自然にああこれ着たいなあと思えるような感じで。「このおっちゃん(師匠、失礼!)から、何でこんな等身大のステキな着物が生まれるのやろな〜〜?」と思ったものですが…
今では師匠の目線のすぐ先に、実際着て下さるお客様がいるからかな?と思ったりしています。


。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°

「夏のよそほひ 近江上布展」

日時   :2010年6月14日(月)〜19日(土) 11:00〜19:00 
       ※最終日は午後5時まで
場所   :有楽町電気ビル ふるさと情報プラザ
      〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル 南館1F
問い合わせ:びわこビジターズビューロー  TEL.03-5220-0231

ふるさと情報プラザHP http://www.chiiki-dukuri-hyakka.or.jp/plaza/


。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°


この展示会のためにたっくさん用意されました機械織りの本麻・綿麻ちぢみ(ウェブショップ掲載柄は出展いたしません)から、手織りの近江上布などの着尺たち、他にもネクタイ、日傘などの新之助上布オリジナルグッズも多数出ます。キズ反を大出血価格でお分けするハギレ販売は毎回行列が出来る(!)人気企画です。売り切れ必至ですので、お目当ての方はお早めにお越しくださいね!
さらに工房から手織り用の高機を持ちだしての近江上布の手織り体験も予定していますっ。この手織り体験、とっても好評で、他所での展示会では会期中毎日通って来られる方も居られたほどです。



今期としては最終&最大規模の展示会となります。今年もたくさんの方に来ていただければと思っています!
有楽町でお待ちしています♪
ウェブショップもオープンから一週間です。
どきどきでしたがたくさんの方にご覧いただきまして…
早速ご注文もいただいておりますっ。ありがとうございます♪


さてオープン早々なのですが、展示会のお知らせ…

3/24(水)〜3/29(月)まで、東京の日本橋高島屋8Fにて。
催事「大近江展」内への出展です。

店長は行きませんが、工房の主である師匠がお店番(?)しに
行かれますので23〜30まで工房がお休みになります。これに伴って工房への
電話・FAXがつながりません。入金確認も通常より数日遅れることが予想されます、スミマセン!
その他の、注文やお問い合わせへの対応は通常通りさせて頂きますっ。

オープン早々、お客様にご不便とご迷惑をおかけすることになりますが、どうぞよろしくお願いします!
お近くの方は、師匠が待ってますのでぜひ遊びに行ってあげて下さいませ〜


私はお留守番の間にちまちまっと内職を…。
お客様から反響の大きい麻ちぢみ半衿、春らしい色目で新柄を追加予定です♪

アップ予定の柄の一つ、桜色の細ボーダー。
あれっ、何だかオレンジっぽい色で出ちゃいましたが…オトメな薄ピンクですっ。
しかし早くしないと桜が咲いてしまう!頑張らなくては(汗)

てなわけで、麻ちぢみ半衿、私もちゃっかり使ってます♪
麻のしゃりっとさらっと感が気持ち良いのはもちろん、麻のナチュラルな風合いは
ウールや木綿のふだん着物にぴったし合うですよ〜。
麻ちぢみ半衿、私はリネンの半衿なんかも使い慣れてますので肌触りは
大丈夫ですが、やはり硬さを感じたり肌が赤くなったというお客様もおられます。
お肌の弱い方はお気を付け下さいね!何度か洗うと、少しずつですが
しなやかになりますが…でも絹や綿よりはシャリ感がありますので。
4月には半衿以外にも綿麻のお仕立て上がり着物やヘアアクセサリなど
どしどし追加の計画でっす。まだまだ忙しくなりそう〜。