ご存知でしょうか?新之助上布はすべての反物が色・柄違いの一点ものなのですっ。

新之助上布では、色も柄も全く同じ反物を複数作ることは基本的にありません。(生産の都合で複数反出来てしまったり、シンプルな無地などで以前のものに偶然似てしまったりと、中には例外もありますが!)

同じものを複数作らない、ということがどういうことかというと…

こんな感じ!

このシリーズ、モノトーンがテーマなので色は同じ…ですが、柄はすべて違います♪
いつもは仕上がり次第あちらのイベント、こちらのお店…とすぐバラバラになってしまうのですが、うまくタイミングが合ってシリーズまとめて写真を撮ることができました〜
(※写真には、この記事を公開する時点ですでに売れてしまっている子も含まれています。ご了承くださいませ!)

ではどこが違うか、細かくご覧くださいませっ!


左はぼやんとした縞、中はちょっぴりパッキリとした縞、そして右は方身替わり。
まずは細いボーダーで細長いチェックになるように…



今度は太いボーダーも入ります!


シマシマっとしてみたり


細かいボーダーで無地っぽくなったり


上と同じ柄ですが、白黒反転させて一段暗いトーンへ。


これが一番濃いですね。

似ているけれど、少しずつ違う。きょうだいみたいな反物たちです♪


もちろん通常は柄に加えて色も変えますので、こんなにカラフル!

(こちらは去年生産したデザインです)


すべて1点ものということで、「以前見かけた○○な反物が…」とお問い合わせをいただいたものが既に売りきれてしまっていたり、看板商品や定番ラインといったものが実質なかったり…とご迷惑をおかけしてしまう部分もありますが、売り場に来るたびに表情を変える新之助上布を、楽しんでいただけたら嬉しいです。
そして「わたしだけの1反」に、出会ってくださいね!



通常出品できる数が限られるイベントなどでは、こういったシリーズ丸ごとを見ることはなかなか難しい…のですが、今年はちょっと違うかも!
反物点数最大級!な2015年商品内覧会は、3/6〜8 東京人形町にて♪(一般のお客様も歓迎です)詳しくはこちらの記事でどうぞっ。
暦の上ではもう秋ですが、まだまだ暑い日が続きますね…。
今回は生地のお手入れについて。夏の間たくさん着た・使った新之助上布の麻ちぢみ。特徴的なシボの風合いを長持ちさせるためのtipsです!

結構、長文ですのでご注意くださいませ(汗)




新之助上布の魅力の一つである「ちぢみ」の風合い。
生地にシワをつけることで着た時に肌との間に程よい隙間ができ、また着用の際のシワも目立ちにくく、お手入れも楽になります。
時折、ちぢみのシボが取れてしまった…というお声を頂くことがあります。
ちぢみの風合いは永続性の加工ではないため、使用するうちに段々無くなってしまうものなのですが、お手入れや使用の際に気をつけて頂けるとより長く楽しむことができると思います。

以下、新之助上布の生みの親”師匠”大西の話や工場に来てくださる仕立て屋さんの話、お客様からの体験談、そしてウェブショップ担当藤岡が実際着てみての私感などなどを交えながら、
新之助上布のちぢみがどのようにつけられるのか、またお手入れのコツ(わたくし藤岡の私感含むですが!)についてをまとめてみましたのでこれからの季節、どうぞお役立て下さいませっ



【麻ちぢみの"シボ"について】

新之助上布の本麻・綿麻ちぢみでは生地を揉むことでシボをつけています。生地を揉みこみ、時にアルカリなどのダメージを与え生地にシボをセットします。いわば髪にパーマをかけるような工程で癖がつくのです。
このちぢみ加工に永続性はなく、生地のシボは使用するにつれだんだんと取れてしまいます。これは私感ですが、新品の新之助上布の生地を水通しすると、一度シボがぐっと立ちます。その後は使用・着用によりしぼ立ちが弱くなる→洗濯で水をくぐることで復活する、を繰り返しながら、だんだんと生地自体が柔らかくなっていきシボも穏やかになっていくようです。
新之助上布の綿麻ちぢみは綿が入るため生地自体が柔らかいため、本麻生地よりもシボが取れやすい傾向にあります。


【シボの敵はアイロン=熱&圧迫】

シボが一番取れてしまうのはアイロン、特にスチームアイロンです。
ですので着用後のしわや畳みしわが気になるような場合、生地のしわを取るにはまず霧吹きなどで水分を含ませ自然に乾かしてください。アイロンをかける際は強く抑えないようにし最小限に。クリーニング店などにお手入れに出すと、仕上げの際プレスされシワがとれてしまうことがありますのでご注意ください。

また着用の際、生地に長く圧力をかけたり伸ばしたりすると軽いアイロンをかけているのと同じ状態になってしまうようです…
体にぴったりと沿うように着付けると、(シルエットはスッキリするのですが)生地が引っ張られてしまいます。また椅子などに長く座ることもシボには負担になってしまいます。とはいえ全く座らないというのも非現実的なのですが…(汗)下記の着方tipsもご参考に!


【シボを長持ちさせるお手入れや着方】

新之助上布のちぢみにおすすめのお手入れ方法は、ご家庭での手洗いです。着物なら中性洗剤で優しく手洗いをし、着物ハンガーなどを使い形を整え、陰干し。脱水は軽めにとどめると水分の重みで洗濯の際のシワが自然に伸びます。またこれは私の私感ですが、シボが取れやすい個所の生地(おしりなど)を手で軽く揉んでから干すとシボが少し戻るようです。(縫い目を痛めてはいけませんので揉み過ぎには注意です!)

ただ(これはシボとは関係がありませんが)麻・綿麻のきものが活躍する夏は、汗や皮脂の汚れが付きやすい季節です。頻繁に着用し、洗濯するなら問題はないようですが、長期にわたって保管する際は手洗いで洗い残した汚れがシミの原因になる恐れもあります。長い期間着る予定がないようなら、専門店でのお手入れも視野に入れてみてくださいね。仕立て屋さんによると「生き洗い」というお手入れがお勧めだそうです。
(ちなみに私は手持ちの新之助上布の麻・綿麻着物を毎シーズン着て手洗いして仕舞っています。今のところ、この頻度ではシミ汚れが気になることはありませんので生き洗いの経験はありません…。何年も着ないようなら検討してみたいです!)

また、来ている最中もふんわりと空気を含むように着付けたり、座る前には引っ張られる箇所の生地を少し持ち上げてたるみを作ってあげるなど、少し気を付けて頂くことでシボへのダメージは軽減しそうです。


と、長文になってしまいましたがお役に立ちそうでしょうか。
適切なお手入れ&使用で新之助上布の本麻ちぢみ・綿麻ちぢみの風合いを長く楽しんでいただけたら嬉しいです!ヽ(´∀`)ノ


さて「ちぢみ」とひとくちにいっても、素材や産地、さらには機屋さんによってもちぢみの出し方はいろいろです。糸の太さや撚りの強さによってもちぢみの持つ特徴は変わってくるようです。ですので、今回の記事は「新之助上布の麻ちぢみについて」ということでよろしくお願いします!
これを読んで「ちぢみ」に興味がわいてきた…!!というアナタには!(居るのかな?)糸の撚りなどなどの話も、改めて書いてみたいと思いますのでお楽しみにっ。



※新之助上布のHPやウェブショップの文章を無断で転載されているケースを見かけます。当ブログも含め、ウェブショップ、ホームページの文章や写真を無断で転載することはお断りいたします。掲載されている文章をお使いになりたい場合は当店まで連絡の上、元記事へのリンクをお願いします。
お久しぶりの更新です!

なんと夏前から更新していなかったのですね…たはは(汗)
夏が終わって秋冬は制作シーズンのため、なかなか新しいニュースがないのですが…来年の年明けからはまた、展示会などはじまりますので、ひたすら来年に向けての商品作りを頑張っていますよ〜



新之助商店のメイン商品は機械織りの麻・綿麻の反物ですが、機械織りはホントの真冬になると風や湿度の関係で織りづらくなってしまうので(手織りに比べて、テンションがきついからかな?)シーズン始まるのは年明け、とはいえ製織のヤマはその前の年の夏〜秋だったりします。

風も吹かず、ムッシムシ!で麻のご機嫌がよろしい夏はどんどん織りが進む〜♪一方で、張りきって動かせば調子が悪いところも出てくるようです。
そういえば去年の秋も別の織機の調子が悪くなっていたような…!?



この日はすり減った部品の交換!


すり減ったベアリングを交換します。織機自体はすでに作られていないものなので、もう手に入らない!なんていう部品も中にはあるのですが(今回のベアリングは新品も買えるようです、すっごい高いみたいですが…)、今回は工房に残っていたストックと交換です☆



かなり奥の方にある部品なので取り付けもほとんど手探り!
機械の構造が分かっていないと、こんなところのネジの摩耗に気付くことすら出来ないのでしょうね…

何故ここって分かったんですか?と聞いてみると、「織る時の音」と「全体の動き」だそうです。ううーむ、私にはいつもと変わらないように見えていたけれど、ちょっとした違いがあるのだろうな(汗)



寒い彦根の冬も近づいてきました。琵琶湖から吹き付ける風も日に日に強くなっていきます…がんばれレピア織機くん!

しばらく寒さが和らいでほっとしていたのに、明日から一週間はまた雪の予報だそうですね。店長、寒さに弱いので、そろそろご勘弁願いたいです…。
彦根の冬は、京都や大阪あたりに比べると気温も寒いですし、何より風が強い!冷蔵庫の中みたいな冷風が、びゅうびゅう吹いてきます…工房のある集落は琵琶湖の湖岸にほど近いところにありますので、さえぎる物の何もない風が、がんがん吹き付けています。


そんなわけでいつもはガシャンガシャンと賑やかな音を立てているはずのレピアの織り場が、最近はめっきり静かです。

機に経糸をかけるところまでは進んでいるのですが…
細番手の麻糸はとってもデリケート。風が吹いても切れます(汗)ですので天候の悪い時に無理に織り進めると、キズ反を織るばかりに…そんなわけでもう少し暖かくなるのを待っています。

もちろん織り場は室内ですし、隙間風を防止するために透明のビニールカーテンが貼られているのですが、それでも風の強さや湿度、温度によって、麻糸様のご機嫌は良くなったり悪くなったり…そんなわがままッ子をなだめすかしながら少しずつ織り進めているのです(師匠が、ですエヘヘ)。

思い返せば真夏の盛り、汗と熱気でサウナ状態になっていた時が、一番織りの調子が良かったような…織る方の体調は限界でしたが(汗)織り物って、体力仕事ですね…




もちろん何もしていないのでは無くて、こんな気候の時は手織りの近江上布を織り進めています。ゆっくりゆっくり、ふんわりと糸を運ぶ手織りなら、寒くて風が強い日でも大丈夫。


真冬の工房にはカッシャン、カッシャンと手織りの音が響いています。
早く暖かくなあれ〜!



 ☆。.:*:・'゜★。☆。.:*:・'゜★。☆。.:*:・'゜☆。.:*:・★・'゜☆

【2月〜3月のイベント・展示会♪】

2/24〜3/1 東京日本橋高島屋『大近江展』出展
3/3 〜3/9 大阪あべの近鉄 『凄腕職人街』出展

どちらも百貨店の催事への出店です!お買い物ついでにお気軽に〜♪
ご希望の方には日時・場所の案内状を送付いたします!
(もちろん、案内状が無くてもお越しいただけますっ)

 ☆。.:*:・'゜★。☆。.:*:・'゜★。☆。.:*:・'゜☆。.:*:・★・'゜☆