展示会シーズン突入の新之助商店です♪
初夏までほぼ毎月、色んなイベントや展示会で出没しますので、お近くでの催しがありましたら、どうぞ遊びに来てくださいね〜!

2月末、東京での恒例「大近江展」にもたくさんの皆様のご来場を頂いたようです。ありがとうございましたっ!そしてただいま開催中なのが大阪阿倍野近鉄百貨店での「凄腕職人街」。店長昨日の初日に行ってまいりましたので、ブログで様子をお知らせします☆


「凄腕職人街」はタイトルの通り、色んな技を持つ職人さんが一堂に会する展示会。近江上布の新之助商店だけではなく、着物や帯、日用品など…さまざまな伝統工芸品を見ることが出来ますよ〜。

近江上布のブースは会場のちょうど真ん中?あたりにあります。
手前にかかっているのは伝産品指定の手織り近江上布。ウェブショップに掲載されていない新柄も、たくさん出ていますよ〜



そして機械織りの麻着尺!今年もカラフルなものが出来てますっ。
ぱっと目を引くきれいな色は、早めにお嫁に行ってしまいます、ウフフ。本麻の今期新柄はまだウェブショップには出ていないので、是非展示会で見ていただきたいです♪


もちろん、ベーシックな柄のものもありますよ!今年はきれい色とあわせて、無地感覚の柄、青〜黒系と大人しい色使いのものも織りました。全て反物幅39〜40cmと広めになっていますので、シックに着たい女性にも、男性の方にもお勧めです。

しなやかさが特徴の近江の麻。ベーシックな色柄の着尺で、いろんな方に気軽に体感していただきたいです♪


この展示会ではほとんど全てのブースで製作の実演をご覧頂いたり、体験メニューをご用意していたりするのですが…新之助商店の体験メニューは、以前から展示会で好評頂いてます”近江上布の織り体験”ですっ!

こんな風に、高機を使って麻の絣柄を織ることが出来ますよ〜。織り進めるうちに、トンボや金魚の柄が出てくる面白さに、きっと夢中になること間違いなしです♪織った端切れは、後日郵送でお送りすることも出来ます。


気軽にお越しいただける新之助商店の展示会!
「凄腕職人街」は3/3(木)〜3/9(水)まで、大阪阿倍野近鉄百貨店 9Fアート館にて開催です。
来て見て触って、新之助上布を体感してみてくださいね♪
コメント
麻はスゴい!
昨年の夏の倒れそうな暑さ、近江上布に助けてもらいました。おおきにありがとう!
教えてください。カラムシは近江上布に使われていますか?
  • by カラムシ
  • 2011/03/05 1:49 AM
カラムシさん

ありがとうございます♪真夏の麻着物、涼しいですよね!

湖東の麻織物で使われるのはほとんどが中国産のラミー麻(苧麻)になっていると思います。うちも中国産のラミー原草を、国内で機械紡績した糸を手織り・機械織り共に使用しています。

ラミーとからむし、同じ苧麻と表記され植物としては同じ種類だそうなのですが、国内で着物に使われてきた”からむし”はラミーとはちょっと違うという話も聞きます…ラミーは栽培用の品種だとか…?細かくどう違うのか、勉強不足で私も分からないのですが(スミマセン、今度師匠に聞いてみますっ)

越後上布や宮古上布では国内栽培した”からむし”を使っておられるようです。

参考になりましたら!
  • by 湖藤
  • 2011/03/06 8:56 AM
コメントする