ショップブログでも制作風景をレポってました本麻の着尺反物!
やっとこアップ作業が終わりまして、ウェブショップに公開です〜


ブログの制作レポでも伝えしたとおり、このシリーズ、全部で9反織ったのですがご紹介できるのは3反のみになってしまいましたが…とりあえず、どうぞ♪


落ち着いたトーンながら楽しげな多色使いのSONG


ベーシックな色遣いだけどラインがぱきっと効いてますLINE(ベージュ)


男性にも良いのではないでしょうか♪LINE(カーキ)


とっても薄いので、背景の黒い布の色がちょっと透けてるの、お分かりでしょうか…?本麻ちぢみは綿麻ちぢみよりもさらに薄手になってますので、まさに7,8月の盛夏のための夏着物です。本当に!涼しいと思いますよ〜!!


どれも変わり縞なので、仕立て方で雰囲気ががらりと変わります。


どちら側を衿に持ってくるかで、

表情が変わってきますので、おもしろーい。

あっ、このトルソーさんの写真は今回販売のものとは別色になりますのでご注意くださいませ〜。この色も結構良かったんですが…キズ反で販売不可です。えーん。でもこれも、そのうち小物か何かに生まれ変わると思います♪


今回の新之助上布、ウェブショップ別注柄ということで、”湖彩koiro”と名前を付けました。
びわ湖のほとり、近江の地で織られる新之助上布が、皆さんの着物生活に彩りを添えられたら嬉しいな♪という思いもあり…まあその、うちの娘から一文字もらったという話もあります(笑)

十人十色といいますが、着物の着こなしは人それぞれ。湖彩も、その人なりの着こなしをして頂けたらいいなあという思いも込めてます。店長普段に着物着てて思うのですが、普段に着物着るんなら、コーデのしやすさとか、周り(主に洋服の人たち(笑)との馴染み具合とか、結構大事だと思うのです…でも地味地味だと、ほんとに地味!で終わってしまってムツカシイんですが。

落ち着きはあるけど、モダンで、コーデしやすくて。十人”湖彩”で着こなせるような…そんな着物になったらいいなあと思っていたりします。


今月の有楽町での展示会が終わったら、師匠の新之助”クレイジー”上布もご案内できるかもしれません…!?夏に向けての新之助上布を、どうぞご期待くださいませ♪
コメント
コメントする