東京では二つのイベントに同時出店中!

麻布十番 ギャラリーモナ「麻を纏う 新之助上布展」4/25〜30

目白 キャラリーゆうど「井戸端・着物マーケット」 4/27~29

さらにGW明けにはもう一つ、東京・根津「夏・麻・近江 新之助上布展」5/11〜14も開催です。

 

でも、イベント出店には行けないよ〜な皆様にも!ウェブショップに新柄本麻反物が入荷いたしました!

水平線」は目にも涼し気な爽やかブルー。白い帯などと合わせてマリンなコーデはいかがでしょう?

 

今回入荷したのは麻100%の本麻ちぢみ新之助上布。春秋の単衣着物や浴衣にお勧めの綿麻に比べさらに薄く軽い生地感になり、まさに盛夏の夏着物にぴったりです。7,8月をメインとして気温に合わせて6月、9月にもお楽しみいただけます。色柄にもよりますが細い番手の糸を密に織りこんでいるため薄地ではありますが透け感は控えめ。もちろん麻のハリ感はありますが比較的しっとりとしなやかな麻生地ですので、真夏の上質な浴衣としてお召しになる方も居られます。

(個人的には真夏に新之助上布の本麻を浴衣で着て、新之助上布綿麻のへこ帯を合わせるのが一番涼しいです。汗をかいても全部洗えて楽ちんです!)

 

表面のシボ加工のおかげでお洗濯後はノーアイロンでも大丈夫です。たくさん汗をかく季節、夏の普段きものにぴったりの気軽さ、爽やかな風合いをたっぷりとお楽しみいただけます。

 

入荷した14反を、ショップブログで2回に分けて写真たっぷりでご紹介していきます!

ブルーに続いては明るいレモンイエローのスッキリ縞柄「ラメストライプ ライトレモン

タテ糸に入れた銀のラメ糸が濡れたようにきらめく上品華やかなデザインです(ラメのきらめきが写真ではなかなかうまく写らないのですが…!)

 

着易いベーシックな一枚なら「ローランサン」はいかがでしょう?

 

青みのある落ち着いたグレーと細く入る暖色系の色糸がコーデによって真夏には涼しげにも、残暑の季節には少し秋めいても見えそうです。

 

白地で爽やかなチェック「かけっこ

 

こちらは明るいペールオレンジカラー「絣あんず

スッキリとした地色の縞柄は、帯や小物でコーデに変化を付けて楽しめそうです。

 

初雪草」はふんわりとグリーン系のグラデーション。夏に向かう時期、一足早めの麻着物としても良さそうですね。

 

そして最後は大きめなぼかし柄!「日暮れの虹

 

繰り返しの無い大きな柄、グラデーションに変化していく優しい色が印象的です。

 

 

いかがだったでしょうか?夏らしい爽やかカラーから、真夏の前後の季節にも使える中間色までご紹介しました。ここ数年はモダンな雰囲気の軽めのストライプが人気ですね。無地感覚で他のアイテムと合わせやすく、これから夏着物にチャレンジ!な方にもお勧めです。次回は鮮やかな発色のものやカジュアルな大きめ柄などをご紹介します。

 

本麻着尺の商品一覧はこちらからご覧いただけます。

新之助上布 本麻ちぢみ着尺反物 http://shop.shinno-suke.com/?mode=cate&cbid=1820758&csid=1

 

写真で合わせた帯は別売りです。ウェブショップの以下の商品ページでご覧ください。

本麻仕立て上がり半幅帯 http://shop.shinno-suke.com/?mode=cate&cbid=1821818&csid=1

 

 

新之助上布の着尺・仕立て上がり着物は基本的にすべて一点ものです。売り切れの際はご容赦くださいませ。

 

コメント
コメントする