今年はぐずついた天気が続いていましたが、彦根でもここ数日急に夏を感じる暑さになりました。梅雨が明ければ本格的な夏!夏着物や浴衣で、ふだん着の着物ライフをお楽しみ下さい♪

今回は、新之助上布の生地を季節に合わせてお楽しみいただくためのご案内記事を書いてみたいと思います。いつもよりボリュームたっぷりな内容ですので、長文ご注意くださいませ〜!


新之助上布の生地には本麻と綿麻があります。毎年といっていいほど問い合わせをいただくのが、「綿麻生地は夏きものとして着られるか?」というご質問です。ウェブショップ担当藤岡の主観たっぷりではありますが、こんな感じでご案内しています♪


【新之助上布の綿麻は単衣の着物、そして盛夏は浴衣として】


(綿麻の仕立て上がり着物と綿麻兵児帯、本麻がまぐちポーチの組み合わせ。先染めの縞や格子といった柄が落ち着いた雰囲気の浴衣姿に仕上げてくれそうです)


新之助上布の綿麻は、大体5月下旬〜6月と9月の単衣の季節に着物として着るのがお勧めです!
綿麻といっても麻と綿の混率や糸の種類で生地の特徴は様々。新之助上布の綿麻はたて糸が綿100%、よこ糸が麻100%の「交織」の生地。麻の混率が多めですのでより麻らしさが際立ちます。それでいて綿のふんわりしなやかな風合いも生きていますので、ちくちくゴワゴワしないのに涼しいと好評です。
GWを過ぎて冬物ではないけれど真夏でもない…という合間の季節から、夏を目の前にしたちょうど梅雨くらいの時期まで、単衣の着物として快適に着ていただけると思います。

中に合わせる襦袢や帯など合わせるアイテムでも着心地に違いは出ると思いますが、たとえばお手頃な綿の半襦袢などを使うなら、30度を超えてくるような夏日に着物としては個人的には暑いかな…という印象です。(麻などもっと涼しい襦袢もありますし、お客様からのご感想では夏にも快適だった!という方もおられたので、暑さの感じ方には個人差があると思います)
気温が上がり、着物として着るのが暑くなってきたら是非浴衣としても活用を♪綿麻は本麻に比べ透け感が少なく、肌あたりも柔らかいので浴衣づかいにも向いています。薄色や無地ものは比較的透け感が強くなりますので、気になる方は浴衣スリップやステテコを着用するなど肌着で調節してくださいね。

風に涼しさを感じる9月からの秋口には、再び襦袢を合わせて単衣のきものに。透け過ぎない綿麻生地は、本格的に袷の季節が始まるまでの合間の季節に活躍してくれること間違いなしです。


【真夏にはぜひ本麻を】


(見た目にも涼しげな本麻の着尺)

7,8月の盛夏が夏きもののシーズン!ぜひ本麻の着物を楽しんでいただきたいです。
麻を着ていればずっと冷感が続く!とか、汗をかかない…!!わけではありません(汗)が、着物の中を風が通り抜けていくような生地の軽さと薄さ、涼しい室内に入った時などにすうっと汗が引いていくような水分の離しやすさは、やはり本麻ならではではないでしょうか。中に着るものも麻で揃えれば、麻の良さを存分に楽しむことができると思います♪
それでも35度を超えてくるような猛暑日には生地の重なり自体が暑いかも…(こんな日は、何を着ても暑いと思いますが)

少しでも涼しく着るには本麻を浴衣として着るという手もあると思います…が、上記のように色柄による透け感(本麻はより生地が薄いので透け感も大きくなりがちです)や仕立て(浴衣として着るならすっきりバチ衿がおすすめです)には注意しながら、活用してみてください。また肌あたりも綿麻に比べれば硬めになりますので、お肌の弱い方はご注意ください。(本麻の肌あたりが心配な方は、半衿などの小物で試してみてくださいね)

下に着るものを省くと心配なのが汗ですが、芯の入らないへこ帯なら通気性が良くご自宅で簡単に洗えるので個人的におすすめです。もちろん、麻や綿麻のきものは最初に縮み止めの加工をして仕立てればお家で気軽に洗える素材です。普段使いに着てじゃぶじゃぶ洗ってあげてください♪



(本麻素材ではありますが、少し温かみのある色遣いは季節の変わり目にも)

生地の表情や性格は素材や糸の種類、織りに各種の加工の有無による違い…と生地それぞれ違ってきます。
新之助上布の生地は細番手の麻糸を比較的しっかり織りこんでいます。このため他の麻よりも透け感は控えめかもしれません。その分6月や9月といった季節の変わり目にも本麻着物が活躍してくれると思います。


(マルチカラーやモノトーンは時期を選ばず活躍してくれそうです)

基本全て一点ものの新之助上布はデザイン色々。夏らしい色はもちろん、季節を選ばない色、少し温かみを感じさせるような色もたくさん生産していますので、季節感を大切にしながら快適性も逃さない♪そんな一枚もきっと見つかると思います!


綿麻も本麻も、仕立てる際は裏地を付けない単衣に仕立てます。(麻だけでなく木綿やウールなどの普段着の着物は通年単衣で仕立てることが多いです)カジュアルシーンで着る着物でもありますので、基本的には仕立てで季節を着分けるというより、生地の厚さや通気性による着心地(着ていて暖かい・涼しいといった体感)と見た目が与える季節感(生地の透け感やちぢみの風合いの涼やかさ、色柄の与える季節感)といった体感で着る時期を判断すれば良いのではないかなと思います。季節に合わせて体感で綿麻・本麻を使い分けてみてください。

皆様の夏きものライフに、新之助上布がお役に立てばうれしいです!


新之助上布の綿麻・本麻反物・着物はこちらからどうぞ♪

新之助上布 本麻着尺反物 http://shop.shinno-suke.com/?mode=cate&cbid=1820758&csid=1
新之助上布 綿麻着尺反物 http://shop.shinno-suke.com/?mode=cate&cbid=1820758&csid=2

綿麻ちぢみ仕立て上がり着物 http://shop.shinno-suke.com/?mode=cate&cbid=1821801&csid=0

 
コメント
コメントする