新之助上布の着尺、仕立て上がり商品には品質表示と共に洗濯絵表示を表示しています。洗濯絵表示が新JIS規格に変更になり、当店の洗濯絵表示も新しくなりました。

 

左側のラベルから、右側のラベルに変わります(一部小物など洗濯不可のものを除く)

 

新之助上布の生地そのものは変わっていないのですが、もっとも新之助上布の風合いを良い状態で保てるお手入れ方法は何かを検討した結果、従来の洗濯表示と変更になった部分があります。今回は新しい洗濯絵表示の内容をご案内します。

 

【洗い方】

以前と同じです。お洒落着用洗剤等の中性洗剤を使っての手洗いがお勧めです。

 

【漂白】

以前と同じです。漂白剤の使用はお控えください。

 

【干し方】

新JISになり新しく表示に加わりました。洗濯後は形を整え、日陰で吊干ししてください。脱水を短めにとどめ(軽く滴が垂れる程度)干すと水分の重みで洗濯時のシワが自然に伸びます。また、仕立てあがった着物の場合は着物用のハンガーを使用すると形よく干すことが出来ます。

 

【アイロン】

表示を変更しました。以前は中温のアイロン可、としていましたがアイロン不可表示に変更いたしました。アイロンを当てると直ちに生地の質が損なわれる、ということではありませんが、高温や押し付けるようなきついアイロン、スチームアイロンなどで生地表面のちぢみ加工のシボが損なわれる可能性があります。

着用の際のシワは霧吹きをかけて自然乾燥させることやお洗濯により取れますので、ノーアイロンでお召しいただけます。どうしてもアイロンをかけたい!という場合は軽めにとどめるよう気を付けていただければと思います。

 

【ドライクリーニング】

表示を変更しました。以前はクリーニング可でしたが不可の表示に変更いたしました。こちらも生地の質としてクリーニングが全くできない、ということではないのですが、着物の取り扱いに慣れていないお店さんでのお手入れは生地の風合いを損ねてしまう可能性があります。(綿の浴衣のようにきれいに糊付け・プレスされてしまい、シボが消えてしまう等)通常のお手入れはご自宅での手洗いをお願いできればと思います。長期保管の前の汗取りや染み抜きなどお店へお手入れに出される際は着物の扱いに慣れた専門店へご依頼くださいませ。

 

 

和装用の生地や着物などの洗濯絵表示は任意のため表示のない商品もあるようですが、新之助上布はご自宅でのお手入れを前提とした生地でもあり、洗濯絵表示も付けて販売しております。メンズ向け洋服地を長く生産しておりました経験から、着物の生地についても染色堅牢度(色落ち)や滑脱(生地の裂けやすさ)について洋服と同じように気軽にお手入れ出来、長く使える丈夫な生地作りを心掛けています。

生地に合ったお手入れで新之助上布の風合いを長くお楽しみいただければ幸いです!

着物まわりのアイテムが多い新之助上布ウェブショップ…ですが、洋服に合わせて普段使いできる小物もございます。

 

まずはころんと可愛い、麻のがまぐちポーチの新柄をどうぞっ!

 

表地は新之助上布の着尺地を使用した麻100%。芯張りをしてハリを持たせたサラッとした手触りです。

発色の良いぼかしたチェック柄「グラデピンクチェック

 

口金に可動式の持ち手が付いていて、ポーチとしてもミニバッグとしても使える形です。

玉虫感のある複雑な色合い「シャンブレーグリーンストライプ

 

以前に作ってもらった加工屋さんでは生産を終了されてしまい(涙)でももう一度この形で作りたい!と加工屋さんを探して、やっと同じ形で作ってもらえるところが見つかりました。最近は国内の口金製造工場さんが減ってしまい、がまぐちが作りづらい状況なのだそうです…。

加工先さんが変わったので生地の中張りや口金の細かい部分など、以前と変更になっている部分があります。【新バージョン】【旧バージョン】と商品ページで違いを記載していますのでご確認くださいませ。

 

大きさや容量などは新旧ほぼ変わりません。長財布は入りませんが二つ折り財布にスマホなど最低限の小物類が入れられる程度の大きさです。(写真ではスマホ・ティッシュケース・ハンカチ・リップクリームを入れています)普段のカバンにプラスしてサブバッグのようにチョイ持ちしたり、巾着のように浴衣に合わせるのも良さそうですね!

 

 

そしてストールキットも新柄を追加しました♪

綿麻ちぢみの着尺反物を2mカットにしたストールキットは、フリンジを作るなどの簡単な端処理でストールとして使えます。

華やかな発色です「ハーフ無地 ばらいろ

 

程よくハリ感のあるさらりとした綿麻生地ですので、これからの季節にも爽やかに使えそう。日差し避けや冷房対策にいかがでしょうか?

落ち着いたグレージュカラーが合わせやすそう「モグラベージュ

 

2mのカット生地として、手芸の材料にもどうぞ。キットには風呂敷バッグのように使える”あづま袋”の作り方レシピも付属しています。

打ち寄せる波のような縞柄です「ナミナミ 紺色

 

着物や浴衣に合わせて使うのももちろん、着物を着ない日にも新之助上布の麻小物を普段使いされてみてはいかがでしょうか?新柄に加えて今までの商品の商品写真も枚数を増やして撮影し直していますので、ぜひショップでご覧ください。商品の一覧は以下のリンクからどうぞ!

 

持ち手つき麻がまぐち http://shop.shinno-suke.com/?mode=cate&cbid=1821853&csid=2

綿麻ストールキット http://shop.shinno-suke.com/?mode=cate&cbid=1821844&csid=2

 

 

夏を前に地道に商品を追加中のウェブショップです。

これからの季節にすぐに役立つ着付け小物、麻100%のカラフルな半衿と柄腰ひもが入荷しております!

 

毎年少しずつ新しい色を出しています本麻ちぢみ半衿、今年も新色が加わって全11柄になりました。麻100%ですが透け感のない平織生地ですので、真夏の夏着物だけではなく春夏の普段きものに合わせていただくのも良いと思います。

 

今回加わったのがこちら!「ラメブルー(ネイビー×オパール)」

 

ラメホワイト(グレー×シルバー)」の色違いデザインです。こちらは淡い水色の地に、ところどころ虹色のラメが煌めきます♪ギラギラしすぎない上品なラメ使いですので普段きもののワンポイントにお使いください。

 

また、この他の半衿も写真を撮り直し、着物を合わせての着用画像を追加するなどより見やすい商品ページに更新しておりますっ!

 

 

そして着付け小物その2は、腰ひもです♪

麻100%の素材感に加えて、色柄豊富なのも楽しい新之助上布の腰紐たちです。新柄を加えて8柄になりました!今回も並尺2,3m&長尺2,5mの2サイズご用意していますので、体格や用途によりお好みに合った長さをお選びいただけます。

 

先染め糸で表現されたぼかしの色使いが美しい「並尺 アメシスト

 

こちらの「サーモンサンド」は並尺・長尺両方選べます。

 

爽やかなグリーンは「長尺 モエギ」。長尺は十分な長さを活かしてたすき紐に使われる方も居られます。見えても可愛い柄腰ひもならではですね!

 

 

夏の着付け小物、白ばかりはつまらないな…と地元の縫製所さんと試作を重ねて作った麻の柄腰ひもです。締めると腰が冷えて超涼しい!!…ということはありませんが(スミマセン)、水分を離しやすい麻生地で作っていますので夏に着物を脱いで腰紐が汗でビッショリ…ということがなく、すぐにサラッとしてくれます。これからの季節の着付けを爽やかに楽しんでいただけるのではないかと思います。

 

この夏は新之助上布の麻半衿&腰ひもで、浴衣や夏着物をより楽しんでみられてはいかがでしょうか?

商品の一覧はウェブショップでご覧くださいませ!

 

本麻ちぢみ半衿 http://shop.shinno-suke.com/?mode=cate&cbid=1821826&csid=1

本麻柄腰ひも http://shop.shinno-suke.com/?mode=cate&cbid=1821826&csid=2

来週末は東京・根津でのギャラリー展(ご案内はこちら)です、よろしくお願いいたします♪

この春夏最終の出展となります、松屋銀座さんでの催事のご案内です!

 

 

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆

「新之助上布展 2017」

2017年5月24日(水)〜5月30日(火)
10:00〜20:00 ※最終日は19:00まで

松屋銀座  7階 和の座ステージ
(東京都中央区銀座3-6-1  東京メトロ「銀座」駅直結 JR「有楽町駅」より徒歩8分)

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆
 

お仕立てすればちょうど夏前に仕上がりそうな綿麻や本麻の着尺反物、すぐに使える綿麻の兵児帯キットや本麻の帯たち、半衿や腰紐といった麻の小物類もお持ちします。手織りの近江上布もございます。夏着物のご準備に新之助上布をたっぷりとご覧くださいませ。

 

(写真は別会場です)

 

今年も松屋さん恒例の木製の高機を体験機としてお持ちします。現在手織生地を織っている織機は鋼鉄製の半自動織機ですので工場から動かせませんが、昔はこのような木製の高機で手織りをしていました。期間中、体験用に絣付けをした糸で麻の生地を織ることが出来ますのでお気軽にお声がけください。

 

 

5月の末は松屋銀座さんへ是非お立ち寄りくださいませ。皆様のお越しをお待ちしております!